MENU

クレジットカードを敬遠する方の理由の1つに「クレジットカードには様々なリスクがある!」というものがあります。 このリスクとは、落としたときが怖い、スキミングが怖い、使い過ぎが怖い、キャッシング・リボ払い・分割払いなどの利息が怖い、という意味合いが強いと思います。 しかし、クレジットカードは意外と安全なものです。 その安全性を理解することが、まずクレジットカードの活用術の入口といえます。 以下より、その安全性を説明していきたいと思います。

国内旅行保険・海外旅行保険が充実

付帯サービスの最たる例です。 国内旅行保険と海外旅行保険が無料でついてきます。 クレジットカードによって、保険の内容は異なりますし、そもそも旅行保険が存在しないものもありますが、非常に便利なサービスの1つなのでチェックしておきたいところです。

この付帯保険の威力が最大限に発揮されるのは、海外旅行時です。 海外旅行では、何かとトラブルが付き物です。 そんなトラブルに幅広く対応してくれる代物です。

例えば、海外旅行先で高熱がでてしまい病院のお世話になる必要が出た場合です。 海外の病院は、当然、日本とは全く異なる文化を持っており、料金形態も全く異なります。 さらには、日本語が通じないとなると、困ってしまいますよね。 海外旅行保険では、日本語が通じて、さらに所持しているクレジットカードが利用できる病院を紹介してくれます。 (ちなみに支払った料金は後日、補償されます。)

海外旅行に慣れていない方にとっては「安全」に旅が出来るわけですから、持たない手はありません。 この保険は、これ以外にも怪我をしてしまったときなど、大いに役立ってくれます。

盗難保険が付帯しているカードも

クレジットカードを所持するリスクの中でも1、2位を争うのが、この盗難されたときのリスクです。 最近では、この場合を想定して、始めから盗難保険に加入しているクレジットカードが増えてきています。

こちらも、カードによって、条件などが異なるため、細かな説明はできません。 しかし、共通して言えることは、盗難時に被害に遭った額分は補償してくれるということです。 さらにいえば、盗難だけではなく、スキミングの被害だったり、ネット上の不正利用だったり、幅広いジャンルの「盗難」をカバーしてくれる場合も。
しっかりと時代のニーズに応えてくれている保険なので、上手に活用したいところですね。

ネットショッピングでトラブルが発生したときも補償してくれる

クレジットカードの利用人口が増えてきている理由の1つが、ネットショッピングで利用したいからです。 しかし、こちらも、まだまだ発展途上のサービスで、ちょっとしたトラブルが多発しています。

例えば、支払いを済ませたのに、商品が送られてこなかったり、商品は届いたけど全くイメージと違ったり、といろいろなトラブルがあります。 このときに損失した分を補償してくれる保険も自動的に付帯するカードも存在します。
こちらも時代の流れに沿った良質なサービスですね。
こういった様々な付帯保険をうまく利用することもクレジットカードの活用術の1つといえるでしょう。

クレジットカードの使い過ぎには十分注意する

上記のようにクレジットカードには様々なメリットがあります。 しかし、便利であるがゆえに、ついつい使いすぎてしまうと、気付いたら毎月の支払いがとんでもないことに…。なんてことにもなりかねません。カード利用時には必ずご自身の収支のバランスを考えた利用を心がけましょう。
また、クレジットカードでは買い物をせず、主にキャッシングのみ利用しているという方にご注意頂きたいのが「クレジットカードのショッピング枠現金化」というサービスです。 ネットでちょっと検索すれば多くの現金化業者のサイトが見つかります。また下記サイトでは現金化業者の詳細や利用者の口コミなども確認できます。クレジットカード現金化口コミ比較【優良店大公開】
キャッシング枠がいっぱいになってしまったが、消費者金融は利用したくないという方や、多重債務に陥り、正規の貸金業者では融資を受けられない方などを対象に営業しているようです。
現金化の仕組みは単純で、余っているショッピング枠で業者指定の商品を購入し、それを現金で買い取ってもらうというものです。 例えば10万円の商品をクレジットカードで購入した場合、8万円程度で買い取ってもらうことになるようです。差額の2万円は諸々の手数料や業者の利益となります。
申し込みを行えば、わずか数分で現金が振り込まれるため、気軽に利用してしまう方が多いようですが、後日、手にした現金より多くの金額をカード会社に支払うことになります。 よっぽどの非常事態で無い限り、利用は控えたほうがいいでしょう。